歯の予防・クリーニング

虫歯、歯周病の予防

健康な歯を維持していくのに必要なものは虫歯や歯周病予防です。
早期発見や早期治療がもっとも効果的ですが、虫歯や歯周病にならないように未然に防ぐことがもっとも重要です。
その為に当院では患者さまひとりひとりに適したブラッシング方法などを経験豊富な衛生士がわかりやすく指導しています。それでも取りにくい汚れや患者さまで対応できない汚れの清掃には歯科医院での専門技術を持った歯科スタッフによる清掃(歯のクリーニング)を推奨しています。

PMTC

PMTCは歯科衛生士が専門的な機械や器具、フッ素入り研磨ジェルなどを使って行う歯面清掃(クリーニング)を行うことを言います。
普段から、しっかりブラッシングしていても、バイオフィルム(細菌の塊)が歯についてしまうことがあります。
これは、ブラッシングではとれず、機械や器具でとる必要があります。
定期的にご来院いただき、PMTCをおこなうことによりお口の中の細菌数を減らし、虫歯や歯周病の予防に効果を発揮します。
当院では、エアフローという特別な器具を使用し、バイオフィルム、歯石、汚れを、除去します。歯の表面から歯と歯肉の境の溝の中(1~3mmまで)のプラーク(細菌の塊)をすべて取り除くことができます。PMTCをすることにより、ツルツルに磨かれた歯面は歯周病の原因と言われるプラークがつきにくくなります。
PMTCとは、お口の健康維持のための環境作りを目的とした処置です。特に、タバコのヤニや茶渋など着色が気になる方や歯槽膿漏、口臭の気になる方にお勧めです。

PMTCの効果

  • 歯肉炎、歯槽膿漏、口臭の予防
  • 知覚過敏、虫歯の進行抑制
PMTC(45分) 4500円(税別)

歯周病安定期治療「SPT」

SPTは「サポーティブペリオドンタルセラピー(Supportive Periodontal Therapy)」の略です。再発しやすい歯周病などをブラッシング、上記のPMTCで歯垢(プラーク)や歯石の除去などに加え、かみ合わせの調整などを行って予防し、お口の健康を維持・推進していく治療のことです。

PMTCとSPTの違い

  • PMTC

    歯の汚れ、バイオフィルム、歯垢を取り、歯の表面のざらつきをとり衛生管理を目的としたメインテナンス。SPTの中にも含まれる。

  • SPT

    歯周病などの病状が安定した後、歯周組織を維持するために行う治療。歯周ポケット洗浄、スケーリング・ルートプレーニングの他、PMTCやかみ合わせ調整なども含まれる

SPTは歯周病菌の増加を抑制し、全身の健康管理を行う総合的な治療、PMTCは虫歯や歯周病など予防のための治療といえるでしょう。

当院は「か強診」に認定されているため、1か月ごとに保険適用のSPTメインテナンスを行えます

当院は「かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所」に認定された歯科医院です。認定されていない歯科医院では、3か月ごとしか保険適用のメインテナンスを行えませんが、「か強診」に認定された歯科医院では1か月ごとに保険適用のSPTメインテナンスを行うことができます。「か強診」についてはこちらをご覧ください。

かかりつけ歯科医機能
強化型歯科診療所について

予防プログラムの流れ

1レントゲン撮影

目で見ただけでは分からないことが多くあります。そのため、まずはレントゲン撮影を行い、適切な診断を行います。

2口腔内写真撮影

治療前に撮影すると治療後と比較できるため、必ず口腔内写真を撮影しています。見比べることで、患者さま自身も理解しやすくなります。

3検査

虫歯の有無、歯周病にかかっていないか、磨き残しはないかなどをチェックしていきます。

4説明

レントゲンの診断、口腔内チェックの結果を踏まえ、今後どのような治療が必要なのか、また治療後のメインテナンスはどのようにすれば良いかなどを説明いたします。

5歯石除去

歯に付着した歯垢(プラーク)や歯石を専用機器で丁寧に取り除いていきます。

6PMTC

予防やメインテナンスのプロでもある歯科衛生士がクリーニングを行います。クリーニングを行うだけで歯の自然な白さを取り戻します。