歯周病

歯周病について

代日本人の成人のうち80パーセントがかかっているとされ、歯の欠落原因の第一位に あげられる病気、それが歯周病です。
歯のまわりの組織(骨や歯肉など)の病気で、プラーク(歯垢)に潜む歯周病菌により引き起こされます。
初期症状に乏しく歯周病だと気がつく頃にはかなり進行していることが多いです。
また口臭の原因にもなり、2次的に様々な悪影響を人体に与える怖い病気です。

  1. 歯茎からの出血やはれがある。
  2. 口臭が気になる。
  3. 歯がぐらぐらしてかめない
  4. 歯茎から膿がでる。
  5. 歯並びが悪くて出っ歯になった。

上記の症状が出てきたら要注意!あなたは歯周病かもしれません。

全身と歯周病

近年、歯周病菌が全身の病気にも2次的に悪影響があることがわかってきました。

  1. 心疾患への影響
    口腔内で出血などあった場合、歯周病菌が血液に乗って心臓にいき、心臓に栄養を送る重要な血管などに血栓を作ることがある。さらに心臓自体に感染し、心内膜炎や動脈硬化性心疾患を起こします。

  2. 早産の可能性
    歯周病菌が子宮を収縮させたり、胎児の成長に影響を与えたりすることがあります。妊婦の方は、歯周病の検査をし、ブラッシング指導をうけましょう。

  3. 糖尿病の悪化
    歯周病に罹患すると歯周病が原因で血糖値を下げるインスリンの生成を抑制してしまいます。更には代謝にも悪影響を及ぼし、血糖コントロールを悪くし結果的に血糖値を上昇して、糖尿病にかかりやすくなってしまいます。

歯周病治療からインプラント治療

当院では、できるだけ患者様の歯を保存したい!という考えで治療をおこなっています。
そのためには、患者様の日頃の口腔ケア(歯磨き)がとても重要になってきます。

そのため、歯周病の治療、虫歯の治療になる前に歯磨きの仕方を衛生士が丁寧に説明します。その後、治療になりますが、仕方がなく歯を保存できなかった場 合、歯を抜いてインプラント治療に移行していく場合も、歯周病で歯を失った方は、再度歯周病になりやすく、インプラント治療をおこなった後もしっかりとし たケアをしないとインプラント治療の結果もだめになってしまいます。そのようにならないように患者様にあわせた口腔ケアの仕方、メンテナンスをおこなって います。

pagetop

基本的な歯周治療(包括治療)の流れ

1. 健康調査票の記入

必要事項をくわしく記入してください。特に全身的な病気の有無、内服している薬などは歯科治療に影響するものも少なくありませんので必ずご記入ください。こ不明の点は、受付等にご相談ください。

2. 問診

歯科治療に対するご希望やお悩みをお伝えください。あとは、当院の治療システム等について説明させていただきます。

3. 初診時検査(口腔内の資料採取)

痛み等に対する応急処置を行った後、以下のような検査を行い口腔内の状態を調べ、歯周病の程度と状態を把握します。

  1. レントゲン撮影
  2. 歯周病のポケット測定
  3. 口腔内写真
  4. 模型をつくるための型取り(病態によって)
  5. CT撮影(保険外)必要により撮影します。  >> 詳しくはこちら
  6. 細菌検査(保険外)必要により検査をすすめます。

4. 検査結果の説明

前回の検査結果の説明をさせていただき、それに基づいて治療の予定計画を相談いたします。

  1. 歯科衛生士が検査結果を説明し、今後の治療の予定を相談し、歯周病についてくわしく説明します。
  2. 歯周病の進行がすすみ(中等度、重度)より複雑な治療が必要な方は、診査結果をもとに詳しい治療計画を立案し、担当医より説明、相談いたします。

5. ブラッシング指導

歯周病治療の第一歩は患者様によるブラッシングです。自分では、磨いているつもりでも、磨き残しがいろいろなところにあるはずです。
歯科衛生士が患者様にあった磨き方を丁寧に指導します。わからないことがあったら何回でも聞いてください。

6. スケーリング(歯石、歯垢の除去)

スケーラー(超音波の振動がでる機械)で歯にこびりついたプラーク(歯垢)や歯石を除去します。
これで歯肉の縁上の炎症がとれます。

7. 2回目の検査

歯周病のポケット検査、(レントゲン検査、口腔内写真)を行い、まだ炎症がある場所を調べます。軽度の歯周病、歯肉炎は炎症がとれていますが、中等度、重度の歯周病では、まだ炎症がのこります。

8. ルートプレイニング(歯石除去、つるつるの面にします。)

歯周病の進行が進むと、歯茎の奥深く歯の根っこの見えない所に歯石がついてきます。
この根っこの表面についた歯石を麻酔下で丁寧に除去し、根っこの表面をつるつるにします。こうすることで、歯と歯茎がぴったりくっつき細菌や汚れがはいりにくくなります。これをヘミデスモゾーム結合といい、炎症がなくなります。

9. 3回目の検査

歯周病のポケット検査(レントゲン検査、口腔内検査)
検査の結果について説明し今後のメンテナンスについて説明します。

10.メンテナンス (PMTC)

周病治療により炎症がとれたかたは、ここからがスタートになります。
歯周病が再発しないように自宅でしっかりブラッシングしてください。
しっかりブラッシングできていても、3ヵ月ぐらいすると、バイオフィルム(細菌の塊)が歯につきます。これは、ブラッシングではとれず、機械的にとる必要があります。

定期的にPMTCをおこなうことによりお口の中の細菌数を減らし、虫歯や歯周病の予防に効果を発揮します。
当院では、エアフロという特別な器具を使用し、バイオフィルム、歯石、汚れを、除去します。

11. 歯周外科

歯周病の3回目のポケット検査後、歯周ポケット底部に炎症がまだあり、レントゲン撮影では、骨の欠損が認められる場合、外科的に炎症を除去したり、骨の形態を整えたり、歯肉を磨きやすい形態に整えたりします。

歯周再生療法:エムドゲイン療法(保険外)
歯周組織の破壊がひどい場合、歯周組織再生用材料という手術治療を補助するための、歯科用の材料を使用します。
この材料がエムドゲインといいスウェーデンのビオラ社で開発された新しいブタ歯胚組織使用歯周組織再生材料です。エムドゲxインゲルの主成分(エナメルマトリックスデリバティブ)は、子供のころ、歯が生えてくる時に重要な働きをするタンパク質の一種です。現在の科学水準に基づく高い安全性確保の下、幼若ブタの歯胚から抽出精製したもので世界39カ国で使用されています。

pagetop
初めて来院の方へ
お電話でのお問合せ ご相談お待ちしております
ライオン歯科中田クリニック
ワタナベ歯科医院 本院・第二クリニック

ライオン歯科 中田クリニック

〒422-8043
静岡市駿河区中田本町21-28
TEL:054-284-8400
FAX:054-284-8403

 アクセス  →アクセスマップはこちら

 診療時間 
[月・水・木・金・土]
9:30~12:00、14:00~18:00
[火] 9:30~12:00、15:00~19:00

 休診日  (木)・日祝

ワタナベ歯科本院・第二クリニック

〒422-8077
静岡市駿河区大和1-5-16
TEL:054-285-8400

 アクセス  →アクセスマップはこちら

 診療時間
[月・水・金・土]
9:30~12:00、14:00~18:00
[火] 9:30~12:00、15:00~18:00
[木] 9:30~12:00、14:00~16:00

 休診日  日・祝日・第一木曜日

リンク集

ノーベル・バイオケア・ジャパン株式会社
Sirona - The Dental Company
ビヨンドホワイトニング